忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[ 2019/12/06 02:12 | ]
美少女が出品した"大切なモノ"
我々の生活に身近な存在になったネットオークション。
最近では能力や技術など形のないものも出品できるサイトが増え、ビジネス
チャンスも増えたのではないでしょうか。

先日、20才のブラジル人美少女があるものをオークションに出品しました。
あるものとは彼女の処女。それだけでもビックリなのだが、落札価格にもビッ
クリ。日本人が6200万円という高値で競り落としたのだという。

eb7d4_259_869cb2be_6f529706-s



このオークションを企画したのはオーストラリアのドキュメンタリー映像作家だ
そうです。
ドキュメンタリー映画『Virgins wanted』では初夜前後の人間の姿を描くのだと
いう。

そして、この企画に参加し自身の処女をオークションに出品したのが、ブラジル
人のカタリナ・ミリョリーニさん(20)。

カタリナさんは故郷で貧しい人のために家を建てるためにこの企画に参加した
そうです。

この処女出品劇は世界中から注目されていた。オークションでは日本、アメリカ、
インドなどから入札者が集まり、最終的に「Natsu」という名の日本人が78万ドル
(約6200万円)で落札したそうです。

しかしこういう形で契約するってどうなんですかね。
貧しい人のために家を建てるというのは立派だけど・・・・私には理解できません
訳ありお買い得商品

拍手[0回]

PR



[ 2012/10/27 18:02 | Comments(0) | ニュース ]

コメントを投稿する






<< 男性が彼女の部屋で偶然見かけて、ショックを受けたモノ  |  ホーム  |  ローリング・ストーンズがパリでサプライズライブを敢行、チケットは1600円 >>