忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[ 2020/07/05 19:33 | ]
中国語も英語もダメな日本人男性旅券と財布をなくして1ヶ月野宿
2012年10月6日、中国福建省の福州市で、パスポートと財布を失くした40代
の日本人男性が1カ月近くの間、駅で寝泊まりしていたことが分かった。

その間、近くの市民らが三食の世話などをして男性を助けていたという。
男性は3ヶ月前1人で中国に遊びにきていた。

上海、蘇州を回り、福州の福清市に住む日本人の友人の元に滞在していたが、
友人が一時帰国してしまったため、1人で観光しようと列車に乗って福州駅まで
やって来たそうです。

そこでパスポートと財布を紛失したことに気がついたという。
身動きができなくなった男性は会話ができないので駅に野宿することに。

近所に住む人々が毎日の食事を運んでくれて防寒着も提供してくれたという。


6日、市民の張(ジャン)さんが「この日本人男性を助けてほしい」と同紙に通報、
同紙記者の日本語の分かる友人の助けを得て、ようやく事情が判明したという
ことです。

周りの人に親切にしてもらって感謝の気持ちでいっぱいだと話しているそうです。
(ライブドアニュース引用)

しかし1ヶ月も野宿というのが理解できないですね。
大使館に連絡くらいできたと思うけど。
こういうブログも書いています買物通販ショップ

拍手[0回]

PR



[ 2012/10/08 14:04 | Comments(0) | ニュース ]

コメントを投稿する






<< U字工事・益子 山中教授と「似すぎてごめんね、ごめんね~」新ギャグ研究中  |  ホーム  |  出川哲朗 実りの秋 NHKで総合司会を担当 >>